レーザー測定器はレーザー距離計とも呼ばれるもので、レーザー光を使用して距離を測定することができる機器で、メジャーなどで計測できないような特殊な現場などで活用することができます。
超音波式の測定器は、超音波を放射線状に拡散させて距離を測定していくため、レーザー測定器と同じようにメジャーで測定できない場所の計測が可能ですが、障害物の影響を受けてしまうというデメリットがあります。
レーザー測定器は、レーザー光を用いているため、障害物の影響を受けることがなく、ピンポイントで対象をとらえることができるため、正確な測定が可能です。
一般的に、建築や土木、製造の現場で使用されることが多い測定器ですが、そのほかにも、ゴルフの場でも使用されることがあり、初めて使用する人でも簡単に飛距離を測定することができます。

レーザー距離計の種類と目的とは

レーザー距離計と一言でいっても、さまざまな種類があります。
大まかに分類すると、室内用と屋外用があり、室内用のレーザー距離計は、中~長距離には不向きで、30メートル以下程度の測定範囲となっています。
また、室内で使用するものですから、太陽光の下での測定には向いていません。
一方、屋外用のレーザー距離計は、建築や土木の現場で使用されることが多く、5~1000メートル程度の測定が可能となっています。
レーザー距離計にはさまざまな機能がついていますが、特に、バックライト液晶になっているタイプのものは、暗闇でも読みやすいようになっていますし、幅や高さが測定できるピタゴラス機能などさまざまな機能がついています。
ゴルフの飛距離を測定したい場合には、専用のレーザー距離計も販売されています。

レーザー距離計の選び方とメリット

レーザー距離計を選ぶ際のポイントは、距離の長さです。
どんなの長距離の測定ができるものであっても、実際に使用するのは数十メートル程度であれば、中距離用の測定器で十分です。
基本的に測定距離の違いは、価格にも大きく影響しますから、短距離の計測に使用する場合には、短距離用のレーザー距離計を選ぶことで、費用を抑えることができます。
また、傾斜測定の有無も選択のポイントとなります。
傾斜測定がついていれば、従来では不可能だった測定が可能となるため、行程を一つ減らすことができ、作業の効率化がはかれます。
そのため、できれば、傾斜測定がついているものを選ぶと便利です。
また、使用する場所が室内か屋外かによっても選び方が変わりますから、購入する際には、使用用途に応じたものを選ぶようにしましょう。