レーザーは、さまざまな分野で応用されていて、現代の科学には不可欠なものになっています。レーザー測定もその一つになっていて、さまざまな部品の精度を高める技術になっています。
測定の原理は、部品にレーザー光を照射することによって、反射光が出るようにして、反射光を検出する方法になっています。反射光を検出することによって、数ミクロン単位をしっかりと測定したり、数10mの距離を一気に測定することが可能になっていて、飛行機に使われる部品や、医療機器で使うような部品の精度を高めていくことが可能になっています。測定の方法には、反射光をもとに三角測量の原理で測定する「三角測距方式」と、投影したレーザーとその反射光の位相差で測定する「タイムオブフライト方式」があり、いろいろな技術によって、精密な測定をすることが可能になっています。

ミクロン単位の目で見られない測定に役立つ

さまざまな作業を行う現場では、短時間で精密な距離を測ることが、仕事の効率を上げるために欠かせないものになっています。レーザー測定は、瞬時に距離を測定することが可能になっているため、昔よりも、かなりの作業のための時間を縮めることができ、大量の部品などの検査を可能にしています。そのため、コストパフォーマンスが非常に高い仕事をすることが可能になり、導入している会社や研究機関が多くなっています。ミクロン単位の目では確認できないような異常なども発見できるため、かなり小さな部品の不良品などもすぐに見つけることが可能になっているため、会社の信頼度を上げることが可能になっています。人間が測定する場合とは異なり、客観的に測定をすることができるため、かなりの良い内容の測定が可能になっています。

長距離も瞬時に測定することができる

土木現場などでは、すぐに距離を測ることが重要になっています。レーザー測定は、比較的短い時間で、かなりの遠方の距離を測定することができるため、土木の現場でも不可欠なものになっています。特に道路などの工事現場では、微妙にカーブしているところなどの測定をすることも可能になっているため、しっかりとした工事の計画を立てるための測定をすることが可能になっています。最新の機器には、移動の際の補正を瞬時に行うようなものも開発されていて、いろいろな場所に移動をしながら測量する際にも、環境などによってさまざまな補正をすることができるため、かなりの時間の短縮をした測定をすることが可能になっています。専門の技術者以外も使いやすいものが開発されていて、いろいろな現場で使えるようなものに変わってきています。